小田急線喜多見駅から徒歩1分。全国でも数少ない筋膜調整の治療院!あなたのお悩みを根本から解決します!

有痛性外脛骨がなかなか治らくてお悩みのあなたへ

2019/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師の国家資格を取得しています。 でも、鍼は使わず、手技のみで「筋膜」の調整をしています。 イタリアの理学療法士、ルイージ・ステッコ氏によって考案された『筋膜マニピュレーション®』の国際コースを全て修了しています。さらに、2018年6月にイタリア本部で試験を受けて、筋膜マニピュレーション®セラピスト(Certified Fascial Manipulation® Specialist)として正式に認定されました。この認定を受けているのは日本ではまだ14人。さらに、イタリア本部で試験を受けたのは5人だけ。日本では数少ない筋膜のプロフェッショナルです。
詳しいプロフィールはこちら

 

有痛性外脛骨がなかなか治らなくてお悩みのあなたへ

歩くだけで痛む有痛性外脛骨で運動をあきらめていませんか?

有痛性外脛骨は長期化しやすい症状ですが、しっかり対応すれば改善できます。

 

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • 足が痛くて走れない、ジャンプできない!
  • 足の内側の骨が出っ張っていて、触ると痛い!
  • つま先立ちが痛くてできない!
  • 朝起きた時、足をつくと痛い!
  • 運動を休んでいるのに良くならない
  • いろいろな治療を試したけど良くならない

 

辛いですよね。

分かります。

「もう良くならないんじゃないか?」と諦めかけているかもしれません。

でも、もう大丈夫です!

当院の施術で多くの方が改善されています。

 

有痛性外脛骨の一般的な対処法

一般的には下の図のように、後脛骨筋(こうけいこつきん)の腱が外脛骨(がいけいこつ)と呼ばれる骨の付着部を引っ張ってしまって炎症が起きると考えられています。

引用元:日本整形外科学会「有痛性外脛骨」

 

対象法は、

  • 安静にする(運動を控える)
  • 湿布やアイシングをする
  • 消炎鎮痛剤を使う
  • マッサージやストレッチをする
  • テーピングをする
  • 電気をかける
  • インソール

など痛いところへの施術が一般的です。

しかし、これだけではなかなか改善しません。

改善したとしても競技復帰すると痛みが再発することも珍しくありません。

有痛性外脛骨は痛む所だけを治療しても根本的な解決にはならないのです!

 

有痛性外脛骨が治らない本当の原因とは?

 

当院では、長引く有痛性外脛骨の痛みの原因は筋膜にあると考えています。

筋膜とは私たちの全身をボディースーツのように覆っているネット状の膜組織です。

筋膜が固くなって動きが悪くなると痛みの原因になります。

筋膜の特徴

有痛性外脛骨に関わっている筋膜の特徴は次の2つです。

  1. 筋膜は全身つながっている(連続性)
  2. 痛みなどの感覚を伝えるセンサーがたくさんある

 

1.筋膜は全身つながっている(連続性)

先ほどの図でも分かると思いますが、筋膜は全身つながっています。

足首を動かす時にもふくらはぎや太ももの筋膜が連動して動いています。

例えば、ケガや使い過ぎによって太ももの筋膜が固くなってしまうと、足や足首の筋膜が引っ張られてしまいます。

こうして生じたテンションが痛みを誘発するのです。

痛い所だけを施術しても良くならないのはこのためです。

 

2.痛みなどの感覚を伝えるセンサーがたくさんある

筋膜には痛みや圧力、温度などを感じるセンサーがたくさんあります。

なんと筋肉に比べて6~10倍のセンサーが内蔵されていると言われています。

筋肉より痛みのセンサーがたくさんあるということは、筋肉よりも痛みを感じやすいということです。

適切なマッサージやストレッチをしてもなかなか治らない有痛性外脛骨の痛みは、筋肉ではなく筋膜が感じている痛みなのです。

筋膜が感じている痛みなのに、筋膜のケアをしていない。

だから、なかなか症状が改善しないのです。

 

 

当院の施術でなぜ改善できるのか?

筋膜の施術においてとても大事なことは、「その症状がどこから始まっているか?」を見極めることです。

そのために、

  • これまでの怪我や痛みの履歴
  • スポーツ歴
  • 内臓の不調があるか(過去も現在も)

などを詳しくお尋ねします。

例えば、かつて膝を傷めたことが有痛性外脛骨の痛みの原因になっているかもしれないのです。

その場合、膝の筋膜の固さをリリースしないと症状は改善しません。

また、

  • 「中耳炎を繰り返した」
  • 「小児喘息だった」
  • 「お腹を壊しやすかった」

などの内科的な症状も重要です。

なぜなら、筋膜は内臓を包んでいる膜とも繋がっているからです。

例えば、中耳炎をくり返して耳の筋膜が固くなり、それがめぐりめぐって足の筋膜を引っ張ってしまうことも珍しくないのです。

問診に加えて、動きの検査と触診によって本当の原因を探っていきます。

遠回りのようにみえても、このような地道なアプローチが結果的には短期間での改善に一番重要なのです。

「本当の原因を見つけ出し、最短で症状を改善する」

これが当院のモットーです。

筋膜マニピュレーション®について

当院では筋膜マニピュレーション®(Fascial Manipulation)というイタリアで生まれたメソッドを使っています。

筋膜マニピュレーション®はイタリアの理学療法士、ルイージ・ステッコ氏によって生み出された筋膜調整のメソッドです。

解剖学、生理学に基づいた医学的根拠(エビデンス)のしっかりした治療法です。

治療効果も高く世界50か国で使われています。

 

私は、筋膜マニピュレーション®の国際コースを全て修了しています。

 

イタリアでしか受けられない上級コースも修了しています。

 

さらに、筋膜マニピュレーション®イタリア本部から公式セラピストとして認定を受けています。

この認定を受けているのは日本では14人(イタリアで研修を受けて試験に合格したのは5人)だけです。

 

日本では数少ない筋膜のスペシャリストの1人です。

最新の知識と技術を持っています。

有痛性外脛骨で目標をあきらめて欲しくない!

学生時代はとても貴重な時間です。

あなたの可能性は無限です。

痛みを気にしないで生活できるようになりませんか。

あなたのお悩みをぜひご相談ください。

お役に立てる自信があります。

 

筋膜調整で改善された例

患者様の声

KH様 47歳 女性

※クリックで拡大します

Q1:当院を知る前にどんなことで悩んでいましたか?

有痛性外脛骨の痛み。

バレーボールの大会がせまっていたので、一刻も早く痛みをとって練習に復帰したかった。

 

Q2:何がキッカケで当院を知りましたか?

ホームページ。

「東京・病院・有痛性外脛骨」で検索

 

Q3:実際に利用された率直な感想をお聞かせください

足もつけない程痛かったのですが、施術後は痛みが消え普通に歩けるようになり、本当にびっくりしました。

魔法にかかった様でした。

スポーツをしているので、整体、鍼(はり)等、様々な病院にかかった事がありますが、初めての感覚でした。

その後、痛みがぶり返すこともなく、無事大会に参加する事も出来、本当に良かったです。

すぐに痛みを取り除きたい時、頼りになる病院があることはとても心強いです。

※もっと詳しい内容はこちらをご覧ください

ママさんバレーボール選手の有痛性外脛骨の痛みが消えて「魔法にかかった様でした!」

KS様 24歳 女性

※クリックで拡大します

Q1:当院を知る前にどんなことで悩んでいましたか?

有痛性外脛骨、捻挫をしやすい、開脚が充分にできなくなった

 

Q2:何がキッカケで当院を知りましたか?

インターネットで調べていたところ、ホームページを見つけました

 

Q3:実際に利用された率直な感想をお聞かせください

今まで色んな治療をしてもらいましたが、何をしてやっても全くよくならず、「手術しかない」と言われていましたが、仕事上長期間休めないので、悩んでいました。

しかし、1回目の施術で本当に(痛みが)変わったので感動しました!!

細かくチェックしながら診ていただけるので、良くなる実感があってうれしいです。

まだ完治ではないですが、今後もっと良くなるのが楽しみです。

※もっと詳しい内容はこちらをご覧ください

ヒップホップダンサーの有痛性外脛骨、痛みが取れて「感動しました!」

 

改善動画

1.チアリーダー(小6)の場合

 

2.ダンサーの場合

日本の国家資格

もちろん、日本の国家資格も3つ保有しています。

  1. 鍼師
  2. 灸師
  3. あんま・マッサージ・指圧師

有痛性外脛骨に関する記事はこちらにも

「有痛性外脛骨は手術しないと治らない?いえいえ、筋膜マニピュレーション®で改善できます!」

ダンサーの有痛性外脛骨、「手術するしかない」と言われたけど、筋膜マニピュレーション®で改善!

 

お電話はこちらから!:03-6321-4021

お問合せはLINE@でお気軽に!

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師の国家資格を取得しています。 でも、鍼は使わず、手技のみで「筋膜」の調整をしています。 イタリアの理学療法士、ルイージ・ステッコ氏によって考案された『筋膜マニピュレーション®』の国際コースを全て修了しています。さらに、2018年6月にイタリア本部で試験を受けて、筋膜マニピュレーション®セラピスト(Certified Fascial Manipulation® Specialist)として正式に認定されました。この認定を受けているのは日本ではまだ14人。さらに、イタリア本部で試験を受けたのは5人だけ。日本では数少ない筋膜のプロフェッショナルです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA