小田急線喜多見駅から徒歩1分。全国でも数少ない筋膜調整の治療院!あなたのお悩みを根本から解決します!

親指や手首の腱鞘炎でお悩みのあなたへ

2019/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師の国家資格を取得しています。 でも、鍼は使わず、手技のみで「筋膜」の調整をしています。 イタリアの理学療法士、ルイージ・ステッコ氏によって考案された『筋膜マニピュレーション®』の国際コースを全て修了しています。さらに、2018年6月にイタリア本部で試験を受けて、筋膜マニピュレーション®セラピスト(Certified Fascial Manipulation® Specialist)として正式に認定されました。この認定を受けているのは日本ではまだ14人。さらに、イタリア本部で試験を受けたのは5人だけ。日本では数少ない筋膜のプロフェッショナルです。
詳しいプロフィールはこちら

次のようなことでお悩みではありませんか?

 

「洗い物をしているとお皿を落としてしまう」

「洋服のボタンがとめられない」

「ペンを握れない」

「ものをつまんで持てない」

「マッサージやストレッチをしても効果がない」

「注射をしたのにまた痛くなった」

「手術を勧められているけど、ためらっている」

 

辛いですよね。

でも、もう大丈夫です。

当院の施術で多くの方が改善されています。

 

親指や手首の腱鞘炎の一般的な対処法

一般的には親指や手首の使い過ぎによって、腱や腱鞘に炎症が起きるのが原因と考えられています。

引用元:日本整形外科学会「ばね指(弾発指)」

 

対処法は、

  • 安静にする(なるべく使わない)
  • サポーター・テーピングなどで固定する
  • 湿布を貼る(消炎鎮痛剤)
  • 電気をかける
  • マッサージする
  • ストレッチする

など、痛むところへの施術が一般的です。

しかし、これだけではなかなか改善しません。

そうなると、

  • ステロイド注射
  • 手術

引用元:日本整形外科学会「ばね指(弾発指)」

を勧められるようですね。

しかし、注射や手術で良くなったとしても、また痛みが再発することも珍しくありません。

腱鞘炎は痛いところだけを処置するだけでは良くならないのです!

 

腱鞘炎が治りにくい本当の原因とは?

炎症だけでは説明しきれない痛み

 

腱鞘炎の痛みは腱や腱鞘の「炎症」による痛みである

ということに異論はありません。

実際に痛むところは

  • 腫れている
  • 熱をもっている
  • 赤くなっている

などの炎症反応がみられます。

 

しかし、

 

「炎症による痛み」だけでは説明しきれないことがあるのです。

それは、再発です。

  • 安静にする
  • 固定する
  • アイシングをする

などして炎症が収まってもまた痛みがぶり返す。

さらには、ステロイド注射や手術をしたのに痛みが戻ってくることもあります。

 

どうしてでしょうか?

 

当院では、腱や腱鞘の炎症だけが痛みの原因ではないと考えています。

つまり、

炎症の他にも痛みの原因があって、それを改善していないから再発をくり返してしまうのだと。

では、他の原因とはなんでしょうか?

腱鞘炎のもうひとつの原因とは?

 

当院では、長引く腱鞘炎の原因は筋膜の緊張であると考えています。

筋膜とは私たちの全身をボディースーツのように覆っているネット状の膜組織です。

筋膜が固くなって動きが悪くなると痛みの原因になります。

 

筋膜の特徴

親指や手首の腱鞘炎に関わっている筋膜の特徴は次の2つです。

  1. 筋膜は全身つながっている(連続性)
  2. 痛みなどの感覚を伝えるセンサーがたくさんある

 

1.筋膜は全身つながっている(連続性)

先ほどの図でも分かるように筋膜は全身つながっています。

指先を動かす時でも手先の筋膜だけが連動するのではありません。

実は、胸・肩・背中の筋膜も連動して動いているのです。

 

肘や肩の筋膜が緊張して固くなると、手の指や手首の筋膜が引っ張られてしまいます。

こうして生じたテンションが痛みを誘発するのです。

痛いところだけを施術しても良くならないのはこのためです。

 

2.痛みなどの感覚を伝えるセンサーがたくさんある

筋膜には痛みや圧力、温度などを感じるセンサーがたくさんあります。

なんと筋肉に比べて6~10倍のセンサーが内蔵されていると言われています。

筋肉よりも痛みのセンサーがたくさんあるということは、筋肉よりも痛みを感じやすいということです。

適切なマッサージやストレッチをしてもなかなか治らない腱鞘炎の痛みは、筋膜が感じている痛みなのです。

筋膜が感じている痛みなのに、筋膜のケアをしていない。

だから、なかなか痛みが取れないのです。

 

筋膜に原因があるのであれば、筋膜へ直接アプローチする必要があります。

しかし、まだ日本には筋膜のバランスを整えられるセラピストが少ないのが現状です。

 

筋膜調整で改善された例

 

1.ハサミの使い過ぎで腱鞘炎になってしまったAさん(50代 女性)の場合

 

2.編み物が大好きなのに腱鞘炎であきらめていたBさん(50代 女性)の場合

この様に多くの方が改善されています。

 

当院の施術でなぜ改善できるのか?

筋膜の施術においてとても大事なことは、「その症状がどこから始まっているか?」を見極めることです。

そのために、これまでの

  • 怪我や痛みの履歴
  • スポーツや楽器などの経験
  • 内臓の不調の履歴

などを詳しくお尋ねします。

 

例えば、かつて肘を傷めたことが腱鞘炎の痛みと関わっているかもしれません。

その場合、肘の筋膜の固さをリリースしないと根本治療にはなりません。

また、

  • 「小児喘息だった」
  • 「肺炎になったことがある」
  • 「気管支炎を繰り返した」

などの内科的な症状も重要です。

なぜなら、筋膜は内臓を包んでいる膜とも繋がっているからです。

例えば、気管支炎をくり返して胸の筋膜が固くなり、それがめぐりめぐって手首や親指の筋膜を引っ張ってしまうことも珍しくないのです。

 

問診に加えて、動きの検査と触診によって本当の原因を探っていきます。

遠回りのようにみえても、このような地道なアプローチが結果的には短期間での改善に一番重要なのです。

「本当の原因を見つけ出し、最短で症状を改善する」

これが当院のモットーです。

筋膜マニピュレーション®について

当院では、筋膜マニピュレーション®(Fascial Manipulation)というイタリアで生まれたメソッドを使っています。

筋膜マニピュレーション®はイタリアの理学療法士、ルイージ・ステッコ氏によって生み出された筋膜調整のメソッドです。

解剖学、生理学に基づいた医学的根拠(エビデンス)のしっかりした治療法です。

治療効果も高く,ヨーロッパを中心に世界50か国で使われています。

 

私は

  • 筋膜マニピュレーション®の国際コースを全て修了しています
  • イタリアでしか受けられない上級コースも修了しています
  • 筋膜マニピュレーション®イタリア本部から公認セラピストとして認定を受けています

 

この認定を受けているのは日本では14人(イタリアで受験して合格したのは5人)だけです。

日本では数少ない筋膜のスペシャリストの1人です。

最新の知識と技術を持っています。

腱鞘炎で何かをあきらめて欲しくない!

人生は一度きりです。

痛みを気にせず、やりたいことがやれる人生をサポートいたします。

あなたのお悩みをぜひご相談ください。

お役に立てる自信があります。

腱鞘炎に関する記事はこちら

親指の腱鞘炎は注射や手術で治らない?それは本当の原因にアプローチしていないからです!

親指の腱鞘炎なら注射や手術の前に、筋膜調整を試してみませんか?

 

 

お電話はこちらから!:03-6321-4021

お問合せはLINE@でお気軽に!

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師の国家資格を取得しています。 でも、鍼は使わず、手技のみで「筋膜」の調整をしています。 イタリアの理学療法士、ルイージ・ステッコ氏によって考案された『筋膜マニピュレーション®』の国際コースを全て修了しています。さらに、2018年6月にイタリア本部で試験を受けて、筋膜マニピュレーション®セラピスト(Certified Fascial Manipulation® Specialist)として正式に認定されました。この認定を受けているのは日本ではまだ14人。さらに、イタリア本部で試験を受けたのは5人だけ。日本では数少ない筋膜のプロフェッショナルです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA